大阪桐蔭の野球だけじゃない凄さ

2018年8月20日

『大阪桐蔭さんの野球だけじゃない凄み』
今日は野球以外のところでの凄さと今後のスポーツの課題を私目線で書きます。

①『相手』選手が負傷した際にすかさず駆けつけ、手当てする。
※通常ありえません。

②相手チームが守備のタイムをとった際に応援のボリュームを下げる。
理由→桐蔭の生徒さんや応援団は相手へのリスペクトを決して忘れず、応援による圧力をかけないそうです。

このような事は今まで無かったし、
強豪校がする事によりルールにはならないかもしれまんが、暗黙のルールにはなるはずだし、そうなる事を願います。

今後の問題点として…

私が最近の高校野球で気になり少しずつ問題視されているのが、日本人の性質上弱者(不利な状況)を応援しがちだったり、甲子園大会にドラマを追い求め過ぎるが故に、
相手選手をあたかも悪者のように結果的に追い詰める。
決してその事が悪いとか言っているのではなく否定している訳ではありませんが、フェアではないと思います。

教育の一環として…
相手があるからこそ輝くスポーツですし、その相手に敬意を払い、礼を尽くす事が本当のスポーツの意義だと
私は思います。

※昨年の東邦対光星学院戦よりスタンドでのタオルを振る行為が禁止になりました。
当時光星学院の選手は実際に球場全体が『敵』に感じたというコメントも衝撃でした。
過度な応援は時には選手(子供達)の心を追い詰め傷つけるという事も広まったらいいなと思います。

※私は1野球フアンとしてどこか贔屓目での投稿はしておりません。(^。^)

いいむら整骨院 スポーツ整体院 妊産婦整体院 交通事故治療
高松市屋島西町2505-12
?087-841-1125
https://www.iimura-seikotsuin.com/
#いいむら整骨院#交通事故#高松市
#高校野球
?Gg[???ubN}[N??
いいむら整骨院
〒761-0113 香川県高松市屋島西町2505-12
087-841-1125
●診療時間 9:00~12:00/16:00~20:00
※土曜は13:00まで受付
※急患時は随時対応します。
●休診日 日曜・祝日