甲子園大会で私が感じた事

2018年8月18日

星稜悲劇…足つる選手続出 林監督「甲子園では地方大会にない消耗ある」(スポニチアネックス)さんから抜粋させて頂きました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000056-spnannex-base
私も幼少期から毎日野球をし、高3夏の予選ではマウンドに4回立たせてもらいました。

そこで感じた事は1試合が練習試合2試合分完投する程疲れるという事でした。
しかも現在の方が暑さも上です。
当然色々な対策を練った上でこのような事が起こるのですから甲子園での試合の疲れは本当に想像を絶します。

有識者の方が対策はあーだこーだと
色々と言われますが、甲子園には目には見えない部分でも肉体的にも精神的にも本当にすごく堪えるんだろうなと思います。
これほどの大観衆の中で野球をするのも
ほとんどの選手が初めてですし、
出場している選手の皆さんは幼少期から
寝ても覚めても野球をやってきた人達ばかりだと思います。
『甲子園には魔物がいる!』
という言葉をご存知かと思いますが、
高校野球名物監督さんが以前おっしゃっていたのは魔物は『自分の心』にいる。
僕はまさにその通りだとつくづく観戦していて感じるのです。
データや理屈だけでは身体の全ては、はかれないと思います。

私立高校で地元選手ではないから県代表じゃ無いと応援しなかったりアンチな発言も自由ですが、親元を15歳で離れ厳しい環境の中でこれだけの為に3年間がんばってきた選手を県外出身者だからと言って批判したりするのも私はどうかなと思います。

先日の『ガッツポーズ』でマスコミを賑わせていた選手も個人的には気の毒だなと感じました。
高校野球は教育の一環だったり礼儀やマナーも重んじます。
ガッツポーズで相手選手に対して挑発的な事をしたりするのは当然マナー違反ですが面白おかしく取り上げて、
いざ何かあるとまくし立てるかのように叩きにかかる社会にも疑問です。
もう少し前の段階で周りの人間が何か伝えていればこのような事も起こらなかったのではないかと思います。

今年の甲子園大会も残すところあと2日になりましたが選手の皆さんがケガなく無事に終わる事を願うばかりです。

今日は私の個人的な意見を書かせて頂きました。

高松市屋島西町2505-12
?087-841-1125
https://www.iimura-seikotsuin.com/
#いいむら整骨院#スポーツ整体院#妊産婦整体院
?Gg[???ubN}[N??
いいむら整骨院
〒761-0113 香川県高松市屋島西町2505-12
087-841-1125
●診療時間 9:00~12:00/16:00~20:00
※土曜は13:00まで受付
※急患時は随時対応します。
●休診日 日曜・祝日