産後10日での恥骨痛

2018年6月13日

『産後10日での恥骨痛』

産後10日の恥骨痛で、助産師さんの
ご紹介により、初産の方がご来院されました。

産後5日目から恥骨痛があり、授乳時や床に座る姿勢などに痛みが出るようでした。

本日はお身体の痛みや回復度合いを考慮し
骨盤の調整、恥骨付近の筋肉の調整、全身の骨格調整も行いましたところ、座位や足を上げる動作もスムーズになり、痛みも減少し、全体的に改善が見られました。

出産時には、骨盤の前にある恥骨が分離しますし、お尻にある仙骨は後ろ側に大きくせりだします。脊骨も大きく動きます。

その関係で、恥骨痛や、仙骨痛、股関節痛、
子宮下垂や、尿もれ、痔、背中の痛み、腰痛、膝痛など様々な痛みや、身体がだるい、疲れやすい、お腹が引き締まらない、お尻が大きくなった、脚が太いといった美容的な問題もおこりやすくなります。

そこで、出産により大きく変化した、からだを組み直すことが必要になります。

いいむら整骨院では、産後=骨盤調整
だけではなく、必ず全身調整を行いますので、妊娠前の体に戻すだけでなく、
以前よりキレイで健康になって頂けます。
?Gg[???ubN}[N??
いいむら整骨院
〒761-0113 香川県高松市屋島西町2505-12
087-841-1125
●診療時間 9:00~12:00/16:00~20:00
※土曜は13:00まで受付
※急患時は随時対応します。
●休診日 日曜・祝日