夏バテ予防の食事

2016年7月15日

いいむら整骨院では、体のケアだけでなく、スポーツをしていく上での体作りとして食事や栄養が大切だと考え食育のアドバイスもさせて頂いています。
夏は暑さと疲労から食が細くなって、冷たいものや喉ごしの良いそうめんなどの麺類を食べる機会も増えますね。

麺類を食べるのもいいのですが、炭水化物(糖質)になりますので、それをエネルギーに変えるビタミンB1がないと体は疲れる一方です。

ビタミンB1は豚肉や豆腐、味噌といった大豆製品、モロヘイヤ、玄米などに多く含まれていますので一緒に食べるようにしていきましょう。

また免疫力を高めてくれたり、ストレスへの抗体を作ってくれるビタミンCも夏場は特に積極的に摂っていくことをおすすめします。

袋にきゅうり、戻したわかめ、トマト、塩麹、お酢でもみ込んでおくだけで即席漬物の出来上がりです。
暑くて火を使いたくない時、調理が面倒な時も袋一つでできて、そのまま保存すればいいのでとっても楽ちんです。

海藻を摂ることでむくみを取ってくれるカリウムも取れますし、塩麹は発酵調味料なので腸を綺麗にしてくれる効果があります。

夏の暑い時期でも、無理せず食べられるように工夫して、熱中症予防や脚のつり防止、スタミナ切れを起こさず最後までプレーを頑張ってくださいね。
※お母さん手作りのご飯をバランスよく食べ、ジャンクフードはなるべく摂らないようにしてくださいね。
?Gg[???ubN}[N??
いいむらファミリー鍼灸整骨院
〒760-0006 香川県高松市亀岡町1-62
087-880-8812
●診療時間 9:00~12:00/16:00~20:00
※土曜は13:00まで受付
※急患時は随時対応します。
●休診日 日曜・祝日